まったく新しいお店・会社探し

住宅建築コーディネーター事務所 住デザイン

住デザインへのご相談は全て無料です。

家づくり、家・土地を売る、買う、部屋を貸す、借りるは住デザインへ

ブログ2019年01月25日
月の土地を買う

今回は、月の土地について書きたいと思います。

 

本当に、買った月の土地が自分の所有物件になるのか、

 

賛否両論があるようですが、一応、調べてみました。

 

現在、日本で、月の土地を売っているのは、

 

ルナエンバシージャパンという会社だけのようです。

 

そのホームページには、

 

以下、引用です。

 

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、宇宙条約しかないことがわかりました。同氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出し、「地球外不動産業」を始めました。

 

ということです。

 

で、いくらで販売しているのかと調べてみると

 

・月の土地権利書/月の憲法/月の地図 
・月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4) 
・土地所有権の宣言書コピー(英文) 
・オリジナル封筒 

【サイズ】
権利書:縦35.5cm×横28cm
オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

価格

2,700円(税・送料無料)

 

でした。

 

この価格での買うことが出来る土地の広さは、

 

1エーカー(約1200坪)だそうです。

 

東京ドーム1個分の広さが、2700円です。

 

なんと坪単価2.25円となります。

 

地球から見える月の表面の面積は約50億エーカーくらいで、

 

現在、4億エーカーの土地が既に売られているということです。

 

 

 

 

月の土地が買えるなんて、すごく夢のある話ですよね。

 

固定資産税が、掛からない土地が、月にはあります。

 

でも、近い将来に人が月に行く時代が到来した場合は、

 

保証がなさそうですので、

 

『月の土地』を買う時は、あくまでも『夢』を買うくらいの

 

軽い気持ちの方が、良いようです。

 

でも、もしかしたら・・・