まったく新しいお店・会社探し

住宅建築コーディネーター事務所 住デザイン

住デザインへのご相談は全て無料です。

家づくり、家・土地を売る、買う、部屋を貸す、借りるは住デザインへ

家を建てるなら2019年01月09日
セカンドオピニオン

家を建てるならセカンドオピニオンは、

必要不可欠だと思うんです。

なぜなら、あなたのマイホームを建ててる施工会社の現場監督も設計士まで、

その施工会社の社員だったとします。

それがために、会社の方針や利益を優先するために、

施工品質が落ちるなんてこともあります。

 

皆さんは、ご自身の夢のマイホームの施工現場に行って、チェックできますか?

建築系のお仕事されている方は、別ですが、一般の方は、現場に行っても、

ちゃんと図面や法律通りに施工できているか、分からないと思います。

 

例えば、あなたがもし重い病気になったとき、別の色々な病院で検査したり、診断したり

して複数のお医者さんの意見を聞くはずです。

 

実は、家づくりも一緒なんです。

木造の場合は、最低、6回は、施工会社に利害関係のない第三者の設計士さんに

見てもらうことをお勧めします。

もしかしたら、検査の過程で欠陥がみつかるかもしれません。

すぐに対応出来たら、あなたのマイホームの病気(欠陥)を治せるのです。

 

それでは、6回の検査の項目を書いておきます。

これは、住デザインで依頼を受けた場合に、提携する第三者の設計士にお願いする項目ですので、あなたが、依頼する設計士によって多少異なる場合がございます。

あくまでも参考でご覧ください。

 

セカンドオピニオン 検査内容

木造の住宅建築において建築中の工程検査は、最低6回は必要です。

検査は施工会社と利害関係のない一級建築士により行われます。

検査前に、設計図面確認と打ち合わせを行います。

6回の検査は下記となります。

①基礎配筋検査 底盤(スラブ) 設計図書との整合性のチェック

②基礎配筋検査 立ち上がり 間隔(ピッチ)と水平確認

③基礎コンクリート 仕上がりの確認

④構造躯体の検査 (柱、筋交い、梁、接合金具等)

⑤断熱工事の検査

⑥竣工検査 (仕様書、設計図面との整合性のチェック)(現場記録簿の確認、工程毎の写真記録、施工図と竣工図の提出確認)

基礎検査は①と②は同時に検査することがございます。