まったく新しいお店・会社探し

The Jump 英会話スクール

名古屋の楽しい英会話スクール

2018年もあと数ヶ月。来年に向けて英語を始めるチャンスです!

オーストラリアをもっと知ろう!2018年11月01日
The Jump英会話スクールは英語だけじゃない! ディジュリドゥのご紹介

こんにちは。今日はオーストラリアの楽器ディジュリドゥのお話。

オーストラリアへ旅行をしたことのある方はお土産屋さんなどでこの楽器を見かけたことがあるかもしれません。

ディジュリドゥは別名「イダキ」といいます。ディジュリドゥという名前は100年ほど昔に英語を話す人々によって付けられたそうです。オーストラリア、アボリジニの人々の楽器としてよく知られています。また、構造的にも演奏テクニックの面においても他の楽器に比べたらとてもシンプルです。

伝統的にディジュリドゥはユーカリの木の幹や大きな枝で作られます。木がまだ生きている間にターマイト(アリのような小さな虫、シロアリ)が中をどんどん食べていき、空洞があけられます。ユーカリの木もターマイトもどちらもオーストラリアには多く存在しているので、毎年何千というディジュリドゥが作られます。中が空洞でディジュリドゥに最適な木が見つかると、切り落し樹皮をはがして両端を綺麗にカットします。完成品には未装飾の物もありますし、ペイントされた物もあります。人気のお土産として、また演奏用の楽器として買われています。また、最近では竹、ガラス、セラミック、プラスチックなど多様な素材を使って作られているようです。

ディジュリドゥは、儀式などで一定のリズムで棒をタップしながら歌ったり踊ったりするのにあわせ、伴奏楽器として演奏されてきました。長期間にわたって演奏することで意識はありながら夢をみているような状態を誘発し、瞑想的な世界を作り出す楽器です。その癒される振動とトーンを利用したヒーリング楽器としても注目を集めています。心をリラックスさせストレスから解放するために、患者さんの体の上で演奏する場合もあります。どこか不思議で神秘的な複雑なトーンの音色にスーっと引き込まれます。機会があれば是非ディジュリドゥの音色を聞いてみてください。

The Jumpでは予約状況に空きがあればディジュリドゥ演奏を体験できるレッスンを受けていただけます。こちらで練習用のプラスチックパイプをご用意していますので、手ぶらでOK!1回3000円(1時間)です。ディジュリドゥの演奏法に興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせ先 :090 9120 8880 または contact@jumpnagoya.com

ホームページはこちらをクリック→ホームページ